頭皮に効くシャンプーで抜け毛を阻止しよう

リスクを下げる洗髪方法

頭皮

控えた方が良い洗い方

日々行うシャンプーも、やり方を間違えれば髪や頭皮にダメージを与えてしまい、トラブルの原因になります。まず、大切なことは、実際にシャンプー液を付ける前に、お湯だけで丁寧に予洗いすることです。お湯で洗い流すだけでも大半の汚れが落ちますので、汚れが多い時でも、1回目からキチンと泡立ちます。爪を立てて洗いますと、頭皮がダメージを受けて乾燥や炎症を招く恐れがありますので、控えるようにしましょう。もしも頭皮にトラブルが出た場合は、フケが余計に出たり痒みが増しますから、指の腹で洗うことが大切です。また、2度洗いによる入念なシャンプーは、洗った時はサッパリしますが、頭皮の皮脂を落とし切った場合、それを回復するために皮脂の分泌量が増えてしまいます。さらに、本来頭皮に必要な常在菌も綺麗に洗い流しますと、雑菌などの繁殖が活性化する可能性もあり、その場合はニオイも強くなるのです。洗い過ぎることで、かえって頭皮のトラブルを誘発することが少なくありませんので、注意しておきたいポイントです。そして、シャンプー液が髪や頭皮に残っていれば悪影響が出ますから、髪のヌメリの有無だけで判断せず、頭皮に付いたシャンプー液をしっかりゆすぐようにしましょう。一方、熱いお湯は頭皮に負担を掛けるほか、必要な皮脂まで溶け出してしまうなど、後々トラブルの原因になりますので控えることが肝心です。シャンプーが終わりましたら、髪の水気をタオルで押さえるように取り、入浴後は速やかに乾燥させます。お風呂上りに濡れた状態にしておきますと、雑菌の繁殖につながりますから、早めの乾燥を心掛けましょう。