頭皮に効くシャンプーで抜け毛を阻止しよう

皮脂をとりすぎない製品

櫛とボトル

髪質と状態に合わせて選ぶ

シャンプー選びは頭皮ケアの中でも特に重要です。洗浄力の強いシャンプーは髪のダメージが激しくなったり、カラーの色落ちが早くなったりします。皮脂を過剰に取ることは、頭皮を守るために、身体が余計に皮脂を出すことにつながります。これは薄毛や頭皮の荒れの原因にもなります。頭皮にいい成分悪い成分を知っておくことが頭皮シャンプーを選ぶ際に大切になります。まずシャンプーは3種類に分けられます。高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3つです。高級アルコール系はドラッグストアで安価に販売されている製品に多いです。ラウリル硫酸NAやラウリル硫酸カリウムなどが入っています。これらは石油系合成界面活性剤の1つです。これを避けると悪いシャンプーはほとんど避けることができます。石鹸系シャンプーは頭皮への刺激は弱いですが、洗い方によっては皮脂を取ってしまうかもしれません。ゴワゴワした髪質になった場合は、ヘアケアーを欠かさないようにしましょう。アミノ酸系は美容室で使用されていたり、サロン専売品として販売されています。頭皮にも髪にも優しいです。洗浄力は弱めですが、低刺激で保湿力が高いです。頭皮シャンプーとして一番おすすめのシャンプーです。最近ノンシリコンシャンプーが増えています。シリコンが入ると手触りがよくなりますが、改善は一時的なものです。根本的な改善にはなっていません。シリコンが入っていないノンシリコンシャンプーの方が頭皮ケアにはおすすめです。自分に髪質や状態によってそれに合った製品を選ぶことが頭皮ケアには大切です。